ちょっとした心遣いで​社会は変わる

​他人を変えれなくても

自分なら変われる

​笑顔があふれる未来を創りたい

日本では15歳から34歳の死亡要因の1位は自殺です、これは長い間変わっておらず2017年度も5000人近い若者が自ら命を絶っています。

悩んでいる時、苦しんでいる時、誰かがそっと寄り添うことができたなら、誰かが少しでも話を聞くことができたなら、誰かが語りかけることができたなら、貴重な命のいくつかは救われるのかもしれません。

次代を担う若者は社会にとっていつの時代もかけがえのない貴い財産です。「悩み苦しむのは誰もが経験することだし考えが甘い」と切り捨てないでください、本人の悩みは本人にしか解決できませんし、その苦しみもまた本人にしか感じることができないものです。

「聞くことはできると思うから声をかけてね」と言う相手を思いやるひと言によって、”誰かが私を見てくれている”、”誰かが私を護ってくれる”、”誰かが私を必要としている”、と本人に感じてもらえれば、少しはストレスが軽減されるのかもしれません。

誰かが見てくれている

誰かがあなたのひと声で気持ちが楽になることがあるかもしれません
ちょっと様子がおかしいな、元気がないなと感じたならば声をかけてみてください
最近顔を見ないな、休みがちだなと感じたら連絡をとってみてもらえませんか

455411_edited.png
護ってくれている.png

今悩んでいる人はあなたではないかもしれません
けれどいつかはあなたも悩む時がくるかもしれません
悩みはどのようなことでも、悩んでいる本人にしかその苦しみは実感できません
他人から見ればささいなことも、悩んでいる人にとっては大きな問題かもしれません
だから、悩みは甘えと切り捨てないでください

誰かが護ってくれる

もしできれば、受け止めてみてあげてください
もしできれば、寄り添ってみてあげてください
ゆっくりと時間を過ごせれば、解決する悩みは多いものです
自分自身を見つめ直せるその時まで、近くにいてあげてもらえないでしょうか

必要としてくれている.png

誰かが必要としてくれている

%E5%BF%9C%E6%8F%B4_edited.png

誰かが応援してくれる

自分に出来ないこと、自分ならやらないこと
そんなことに踏み出そうとする人を応援してみてあげてください
応援することできっと同じように応援する仲間も増えていくはずです
小さな応援がいつか大きな応援に変わり新しいなにかが生まれるかもしれません

ACBaL_T3ken_edited.png

私たちと一緒に活動しませんか

会員になって一緒に活動をしませんか

​明るい未来を私たち自身で創りましょう

ACBaLT3_miho1C_edited.png